こどもの睡眠障害を疑う症状とは

こどもの睡眠障害について

入眠前と睡眠中、覚醒後に起きる症状

眠る前

入眠困難、途中で起きる、早朝に起きる、浅い眠り

夢の異常

悪夢、入眠時の幻覚

睡眠中の行動

ねぼけ、夢遊病、大騒ぎ、手足のばたばた、いびき

睡眠中の姿勢

口が開いている、体動が激しい

眠る前

足が痛い(熱い、気持ち悪い)触られている、足を布団にこすりつける、絶えず動かす、マッサージを頼む

起床時

目覚めの悪さ、頭痛、めまい

その他

おねしょ、トイレ起床など

日中にみられる症状

眠い

日中の眠気、突然の入眠、長い昼寝

身体症状

頭痛、めまい、立ちくらみ、腹痛、倦怠感

精神症状

うつ傾向、不安感、興奮状態

脳機能

集中力低下、記憶力低下、判断力の低下

身体への影響

心臓発作、精神疾患など

 

>次はこどもの睡眠障害の原因となるものついて