成長ホルモンと睡眠

子どもの睡眠について

身長を伸ばしたり、筋肉を作ったりするのに成長ホルモンは欠かせません。さらに成長ホルモンは脳の発達や記憶の定着などにも深くかかわっています。この成長ホルモンは寝付いてから最初に訪れるノンレム睡眠中に多く分泌されることが分かっています。

睡眠中にたくさん放出される成長ホルモンが、子どもの身体の組織と脳の成長を促しているのです。

子供にとって睡眠は身体を休めて疲労を回復するだけでなく、脳の発達にも大変重要です。特に成長ざかりの乳幼児から思春期までは良質な睡眠をたくさんとる必要があります。

もし、お子さんがよく眠れていないと感じたら、早めに対処することが大切です。

 

>次は赤ちゃんと幼児の睡眠ついて