こどもの睡眠と大人の睡眠の違い

子どもの睡眠について

子どもの睡眠と大人の睡眠はどのように違うのでしょうか。

子どもの睡眠は大人の睡眠に比べて

  • 布団に入ってから眠りにおちるまでの時間が短い、(寝付きが良い)。
  • 必要な睡眠時間が長い。
  • 深い睡眠(ノンレム睡眠)の割合が多い。
  • 途中で起きてしまうことが少ない。

このように、大抵の子どもの睡眠の質は大人に比べて良いことが特徴です。

また役割にも違いがあります。大人にとっての睡眠は“休息”を得るためのものですが、子どもにとっては、休息だけでなく“発達”という大きな目的もあります。それは身体だけではありません。

子どもにとって睡眠は、「脳の神経回路をつくり、脳の働きを発達させ、処理する能力を高める」ものでもあります。

そのため、脳の発達過程にある子どもには、より良い睡眠を提供してあげる必要があります。

では、健康な睡眠がとれている子どもの標準はどのくらいでしょう

  • 子どもが布団に入ってから眠りにおちるまでの時間は2〜5歳で平均13分、5歳から12歳で平均16分です。(ちなみに成人の50歳では平均32分もかかります)
  • 子どもが必要とする睡眠時間は1歳で13時間、5歳で11時間程度、10歳では9時間程度です。
  • 深い睡眠(N3)の割合は、2〜5歳で平均15%、5歳から12歳で平均21%。(成人の50歳では平均2%!)
  • 途中で起きることはない。

上の2つは簡単に測定できるので、お子さんの睡眠状態と比較

してみてください。大きく違っていれば睡眠に問題がある可能性がありますので、おうちで計測できる睡眠計を使ってお子さんの睡眠を確認しましょう。(病院からレンタルできます)

 

>次はレム睡眠とノンレム睡眠ついて