ADHDの子どもの睡眠の特徴

発達障害と睡眠の関係

ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもの睡眠も自閉症の子どもの睡眠と似た傾向があります。

特徴的なのは寝付きの悪さ(入眠困難)と夜間に何度も目を覚ます(中途覚醒)があります。この睡眠障害があると、2~3割がADHDに該当するともいわれます。

ADHDの中でも多動が強い場合は、夜間もなかなか落ち着けず寝付きが悪い上、一度夜中に起きてしまうと騒いだり、動き回ったりして家族を起こしてしまう傾向があります。

衝動性が強いタイプでは、保護者の指示に従えず、夜にゲームやコンピュータへ過度に集中してしまい、寝付けなくなったりすることがあります。また思春期になると先が見通せずに一晩中おきてしまうこともあります。

注意欠如型では、宿題や課題、日々のルーチンワークが終わらずにいつまでも取り組んでいたり、時間がかかることによって保護者から怒られたりすることで、寝付きが悪くなり何度も夜に起きてしまうなどの特徴を認めることがあります。

ADHDと睡眠障害の最近の研究成果

「ADHDと睡眠障害は表裏一体」

アムステルダム自由大学医療センターの研究者は、パリで開催された国際学会で、「ADHDと睡眠障害とは表裏一体のような関係である」と発表しています。さらに、ADHDの症状に似た行動障害と睡眠との関係については、米アルベルト・アインシュタイン医学校の教授も、子どもを対象とした調査で「いびきや口呼吸、無呼吸などの睡眠呼吸障害がみられる子どもは問題行動を起こす割合が多い」ことを明らかにし、子どもの睡眠呼吸障害に幼少時から注意を向けるよう警告しています。

ADHDとサーカディアンリズムの関係

睡眠障害の研究者によると、ADHD患者の75%は、睡眠のためのホルモンであるメラトニンの分泌など、入眠時に通常出現する体の変化が、健常者に比べて1.5時間遅いといいます。これに伴って、睡眠中の体温変化も遅れることを報告しています。さらに「昼夜のリズムが乱れた結果、睡眠だけでなく、体温や行動パターン、食事のタイミングなども乱れ、これが不注意や問題行動をもたらしているのではないか」と報告しています。このように、最新の研究では睡眠障害がADHD発症要因の一つとして捉えられるようになってきています。